読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きた みた よんだ

みたりよんだりしたものを記録するブログ

【エッセイ】トリオリズム

お姉様、ファビュラスです あらゆる美とは、本能の持つ生命力が表出した姿だと、わたくしには思えます。 経験によれば、本能が皮膚を突き破ってさらけ出されている人間の姿を見た時、人は「あの人は輝いて生きている」というような気がするのです。 コミケに…

【コミックエッセイ】母がしんどい

あの…よく…生き延びられましたね…強烈な母親の描写に頭がクラクラしました。お母さんからの強烈なモラハラを経て、彼氏もがっちりモラハラ。田房さんが自分を取り戻しコントロールできるようになれたのは奇跡ですよこれ。自分の人生を自分で満足させられない…

【コミュニケーション】大きらいなやつがいる君のためのリベンジマニュアル

他者に対する憎しみのゴールは「相手は自分と関係ないから、何をされても気にならない。いつも自分を大事にする」こと。自分への信頼を持つ際、「他人からの承認」をソースにすると高確率で詰む。なにより「酷い仕打ちを受けたら憎しみを抱くのは当然のこと…

【心理学】脳はなんで気持ちいいことをやめられないの?(コミックエッセイ)

同じ中野信子さん著「脳はどこまでコントロールできるか」と内容はほぼ同じですが、こちらは漫画なので早くざっくり把握することができます。コミックエッセイ 脳はなんで気持ちいいことをやめられないの?作者: 中野信子,ユカクマ出版社/メーカー: アスコム…

覆す力

勝ちと負け、昇格がはっきりしている世界で生きる人の言葉の重みは違う。プロを目指して将棋界に入る子供達は皆ほとんど変わらない将来性を持っているが、どこで差がつくのだろうか、という疑問に対する著者の答えから始まる。自分の特性を知り、受け入れる…

【コラム集】透明の棋士

透明の棋士 (コーヒーと一冊)作者: 北野新太出版社/メーカー: ミシマ社発売日: 2015/05/23メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (1件) を見る 「聖の青春」と同様に、cakesのこの連載「なぜそこまでして戦い続けるのか?」にドラマがある――…

「美学」さえあれば、人は強くなれる マンガのヒーローたちが僕に教えてくれたこと

「美学」さえあれば、人は強くなれる マンガのヒーローたちが僕に教えてくれたこと作者: ケンドーコバヤシ出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2015/09/24メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る 終始「男たるもの」「だから女はダメなんだ(と言って…

【エッセイ】負ける技術

負ける技術作者: カレー沢薫出版社/メーカー: 講談社発売日: 2014/02/28メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 「憎くて憎くてたまらない、こいつを殺さないと私に明日はない」そう考え、私が起こした行動は「『生霊を飛ばす』で検索をする」だった…

【エッセイ】恋愛格闘家

私も近距離パワー型な生き方をしているので、大いに共感しながら一気読み。アルテイシアさんは運命の伴侶を求め、何人もの男性と恋愛関係になり、最後は童貞格闘家の59番目の男性とご結婚。仲睦まじい様子はTwitterやコラムで拝見しています。アルテイシアさ…