きた みた よんだ

みたりよんだりしたものを記録するブログ

【映画】ターミナル

ターミナルで生き抜く100の方法 1に稼ぐ! 2に語学習得! 3に人をたらす!! これ一時期レンタル屋さんでジャケをよく見てたんですけど、完全に感動モノだと思ってたんですよ。 「ターミナルに毎日通い最愛の人を待ち続けるが、今日も現れない…」みたいな。 …

【映画】君に読む物語

これは君を呼ぶ物語 読んで、私を呼んで。 ※だいぶネタバレします まずおばあちゃんとおじいちゃんの組み合わせにうるっとくるし、認知症だと気付いた時点で号泣する。認知症とか加齢による体の衰えとか、そういうネタにはすこぶる弱い。 永遠に続くことを望…

【映画】グランド・ブタペスト・ホテル

お洒落でお茶目で仲良し! こういうオシャレなのにボケを30秒から1分の間に笑う挙動を差し込んでくる群像劇大好き!!(スナッチとかコードネームuncleとか) でも最後にほろりと泣かされるのがもう、ずるい センスのいい絵本みたいに落ち着いた印象だな」とい…

【エッセイ】叶恭子の知のジュエリー12ヶ月

ファビュラスな姉様による、シンプルで力強い格言集 知ったふり、わかったふりをするのではなく、知らないこと、わからないことがあれば恥ずかしがらずに率直に聞く。それが、エレガントということです。 自分が好きなこと、確信が持てることに従って生きる…

【エッセイ】トリオリズム

お姉様、ファビュラスです あらゆる美とは、本能の持つ生命力が表出した姿だと、わたくしには思えます。 経験によれば、本能が皮膚を突き破ってさらけ出されている人間の姿を見た時、人は「あの人は輝いて生きている」というような気がするのです。 コミケに…

【追悼】雨宮まみさんについて(私を救ってくれた人)

雨宮まみさんを初めて知ったのはウェブ連載の「セックスをこじらせて」 私が抱えていた言葉にできない女としてのコンプレックスや仕事に対してのコンプレックスを言葉にしてくれていて、衝撃を受けた。 何度も読み返し、友人にも勧めまくった。 ブログ「弟よ…

【インド映画】pk

コメディだと思って笑っていたら、いつの間にか感動して泣いていたんだ… 徳が高いーーーー!!! 間違いなく2016年ベスト映画!観てない人はできる限り観に行ってーー!! (公開2014年かよ、2年も間あかなきゃみれないなんて知ってたら地獄だった) 「きっと…

【格安SIM】LINEモバイルに切り替えた【docomoから】

今まで iphone・docomoで通信料月7000円。高い。 違約金が10000円ほど出たが、後述の料金になると知り即乗り換えを決意。 これから LINEモバイル「コミュニケーションフリー」コース、通信容量は3G。 SMSや音声通話もついて月々2000円ほど。(初期費用3000円…

【漫画】SF・異色短編 2・3

高度経済成長期の作品だなぁと思う描写が多数。室内喫煙が当たり前だとか、旅行に行く話とか、家を買う話とか。今だと非モテと言われる層の男が主人公で、時にはいい目を、時には悪い目をみる。女は全部男のための装置時代柄だとはわかっていても、女性は「…

【デザイン】UXデザイン入門

ユーザーが求める情報を、ユーザーが自発的に取得できるよう設計するのがUXデザインユーザーは自分のゴールを達成したいだけユーザーは自らが思い描く「脳内モデル」をかなえてくれる設計を求めている。開発者が好んで行う「実装モデル」(製品の設計に基づ…

【漫画】親なるもの断崖

聡一さん、まだ本流は女性じゃないよっていうか来るのかそんな時代?頑張って逆行しようとしてるよな日本は?読みながら、暴力的な怒りが産まれてくる壮絶な漫画でした。こんな時代がまた来るのかもしれないと思うと吐き気がする生きようと思えばここは地獄…

妖怪男ウォッチ

筆圧も装丁もスパーキング!!ブログを何度も読み返したしnoteも前購入して読み返しまくる程度にはぱぷりこさんのファンなので、一気読みするぞヒャッホーと読み始めたら、あまりの筆圧と霊圧でなかなか読み進められませんでした。3日もかかった…ピンクとネ…

【映画】君が僕を見つけた日

何度でもあなたを見つけてみせる同じタイムトラベルものの「アバウトアタイム」とヒロインの顔が似てる!…と思ったら同じ女優さんでした。タイムトラベラーの嫁をやらせたら天下一品。どっしりと構えていないとタイムトラベラーの嫁はつとまらない。主人公に…

【コミックエッセイ】母がしんどい

あの…よく…生き延びられましたね…強烈な母親の描写に頭がクラクラしました。お母さんからの強烈なモラハラを経て、彼氏もがっちりモラハラ。田房さんが自分を取り戻しコントロールできるようになれたのは奇跡ですよこれ。自分の人生を自分で満足させられない…

【映画】ラストエンペラー

歴史がさっぱりな無教養なので、画面すげ〜ジョンローン美し〜とつぶやきながら観るしかできない自分が恨めしい。…漫画中国の歴史とか読もう。ジョン・ローンの洋装の美しさに完全ノックアウト。柱の陰から見ていたい。栄光の時代の後と跡まだCGが一般的でな…

【小説】かもめ食堂

ゆるふわに見える日常の土台は、強く凛々しい精神 映画を観てからの小説。 映画からは怒りや強さがかなり抜かれていたし、登場人物たちから人生に対する後悔や不安がすっぽり抜けてたけど、小説にはそれらがきちんと描かれている。 優雅な生活なのに、かもめ…

【心理学】顔は口ほどに嘘をつく

読み始め、最初のテストは5問正解(でも一瞬よりは長く見てたから正解率低い)口元ばかりを見る癖があるようで、眉毛の形や歪み方をきちんと見ていなかった。「おでこを出すと幸せになれる」という言葉は、「おでこを出すことによって眉が見えやすくなり、感情…

【邦画】かもめ食堂

食べることは生きること序盤、片桐はいりさん演じるミドリが、食堂を営むサチエの手料理を食べて泣いたのは、久しぶりの食事で生きることを思い出したのかもしれない。辛さに打ちのめされた日々から息を吹き返したきっかけ。売りであるご飯がどれもリッチ!…

【漫画】Paradise kiss

自信とは、己の足で地を踏み、己の手で掴むものだ※若干ネタバレしますNANAは途中までしか読んでないけど、矢沢あい先生は「自信を持った人」「自信を持たない人」を題材にしたストーリーを編み上げている人なのかもしれない。ジョージの言い分は矛盾しないジ…

嫌われ女子50

「自信がなくて、ビクビクしてたから同性に気を使いすぎてた。ビクビクしなくていい。この本に書いていることも無視したければしてもいい」というあとがきにジンときた。対談がどれも良い!瀧波ユカリ先生との対談で「かりんとう好き」「おいしいよね」とい…

【デザイン】なるほどデザイン

「迷った時はこれ読もう」と思える良著。さらっと眺められる。「何を、誰に、どう伝えたいの?」という実例が沢山載っているのが嬉しい。同じ素材で目的別に組んだデザイン本って意外と見たことなかった。(例:「男女問わず料理初心者が・朝食の作り方を・迷…

【ティム・ガン】2冊

「美しくなれる法則」「ゴールデンルール」と邦題がついていますが、ティム・ガンのエッセイの合間に美学が少し語られるといった体裁。具体的な改善例がなかったり、少し情報が古いので(今死ぬほど流行っているガウチョの扱いがひどいとか)あまりおすすめし…

【アニメ】プリティーリズム レインボーライブ

キンプリ好きな人は必見!オバレのみんな、ストーリーにがっちり入ってるよ!あのスピンオフはなるべくしてなったのだとすごくよくわかる。プリズムショーがぶっとんでてどれも笑える。ヒロさんは出てきただけで笑える。劇場版KING OF PRISM by PrettyRhythm…

【漫画】藤子・F・不二雄大全集SF・異色短編集1

遅効性の猛毒群「ミノタウロスの皿」「気楽に殺ろうよ」など、今でも話題になる異色の短編を多数収録。これが40年前に描かれたなんてめまいがするな!今読んでも全く古びてない。というか、普遍的。常識、あたりまえ、普通から逸脱したところに「不思議」が…

【情報】キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる (ちくま新書)

マスメディアというメインストリームは、ソーシャルメディアの拡大により収縮していく 現在、あらゆる情報量は、需要に対して供給がはるかに上回っている。 youtubeやSNSなどによって情報の発信者と受信者の境も非常に曖昧になり、情報を共有する障壁が非常…

【ジャーナリズム】男性漂流 男たちは何におびえているか

何に怯えているかというと「変化を強いられること」におびえている婚活、育児、介護、老い、仕事…変化に適応できず、追い詰められていく人たちと、克服した人たち。一人一人の男性について数年から十年の長期間にわたって取材を続けてきた、定点観測ルポ。「…

【コミュニケーション】大きらいなやつがいる君のためのリベンジマニュアル

他者に対する憎しみのゴールは「相手は自分と関係ないから、何をされても気にならない。いつも自分を大事にする」こと。自分への信頼を持つ際、「他人からの承認」をソースにすると高確率で詰む。なにより「酷い仕打ちを受けたら憎しみを抱くのは当然のこと…

【映画】ゾンビランド

ゾンビはきちんと二度撃ち!もしくは二度轢き。「おや、どこかで見たナードボーイじゃないか(好物)」と思ったら、ソーシャルネットワークでタチの悪いギークボーイを演じたジェシー・アイゼンバーグさんじゃないですか!(好き)臆病な彼のルールがかっこいい…

【自己啓発】恋愛障害

媚びなくても、自分が思っていることを言っても、大丈夫だよ「恋愛障害」というタイトルだけど、すべてのコミュニケーションの基本となる「自己受容」のhow-to本!「あなたはなぜ愛してくれない人を好きになるのか」とセットで読めば大体解決しちゃうんじゃ…

【映画】ライフ・イズ・ビューティフル

忘れないで僕は君を本当に愛してるユーモアという武器があるから、それでも人生に「Yes」と言うヴィクトール・フランクルの「夜と霧」を読んでいて、ある程度収容所の様子を知っていたため恐る恐る観た今作。ナチスの収容所は「トイレの回数は朝一回のみ」「…