読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きた みた よんだ

みたりよんだりしたものを記録するブログ

【アニメ】プリティーリズム レインボーライブ

アニメ

キンプリ好きな人は必見!

オバレのみんな、ストーリーにがっちり入ってるよ!あのスピンオフはなるべくしてなったのだとすごくよくわかる。
プリズムショーがぶっとんでてどれも笑える。ヒロさんは出てきただけで笑える。

女の子の欲望、全部大肯定!!!観ればあなたもはっぴーなーる

親や友達など、自分の大切な人のために自分を犠牲にしなくていい。勝ちたい気持ち、強くなりたい気持ち、仕事をしたい気持ち、全部まるごと大肯定!好きなことを好きなだけやれ!!というスタンスが本気でぶれないから観てて本当に気持ちがいい!!

例えば、才能もあり実力実績も出してる競技を、親の転勤に着いて行くためにやめなきゃいけない子供がいるんだけど(いつも父親のために我慢していた)

ブチ切れた母親が「子の未来を潰すな!家事ができないお前なんか一人で海外行け。稼ぎなんてアテにしない!」って追い出したりする。

キャリアウーマンの母親は、夫の由緒正しい実家から結婚を拒まれるが、粘って結婚し主夫の夫に支えられ仕事をばりばりこなす。
それを誇りに思うという娘。

あといい男キャラは基本的に家事ができて、仕事帰りのお母さんに料理を出す描写が多い。

逆に、女の子が男のために何かを我慢したり、我慢したことを褒められて肯定する描写は皆無。
これをリアルタイムで観られる最近の子供が本気で羨ましいよ!!

人間ドラマとしても本当によくできてる。
今の多様な家族像を反映してて、父子家庭・母子家庭・共働き・主夫・主婦とバリエーション豊か。

不仲な家庭も、子供が我慢して親の機嫌とってる家庭も、幸せ家族も出てくる。

親の機嫌とってる子達はすごく余裕なくて、ぶりっ子したり、ギリギリまで助けを求められず大失態を犯す。
期待をかけている子供に背を向けられ「あなたのためを思って言ってるのよ…あなたがいないと私は何もないのよ…」と泣く母親。
つらくて見ていられなかったけど、よくある話。この厳しさを女児向けアニメできちんと描写するとは。

でも自分で自分のやりたいことをやってる大人が幸せであるという描写はぶれない。それは子供も同じ。
「可愛らしく優しくおとなしくして、気に入って貰えば結婚して幸せになる女児向けアニメ」しかなかった私は、こんなアニメが出ている現在が本気で嬉しい。
子供の頃の自分にみせてあげたい。

これ観てクソな現実ぶっ潰していこう。

思わず仕事中に「なるほど、それははぴなるですね」って言いそうになった。

個人的にすごく好きなのが、なるが振られるところ。あんな天使みたいな可愛い子が振られて「え、この子!?」って思ってしまう子の恋が成就するあたり、神の采配だと思う。
けどあの男は人を見る目がない。

好きなキャラはなる、おとは、クーさん。でもみんな好感もてる。ヒロさんはギャグキャラ。法月仁もギャグキャラ。

とりあえず、Over the Rainbowが結成するところまでみてください。最終話ですけど。