読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きた みた よんだ

みたりよんだりしたものを記録するブログ

【映画】フォレスト・ガンプ

アメリカの歴史と寝た、超シングルタスク男の一代記

「馬鹿と鋏は使いよう」はこの男のためにある言葉

 

演出が映画の手本かってくらいの素晴らしさ!

ワンカットでさりげなく、キャラクターの置かれている状況をきっちり示す。

脚装具のシーンや偉人との合成ときったCGの使い方も上品…完璧かよ…と思ってたらバックトゥーザ・フューチャーの監督だった。そりゃ完璧なはずだ。

 

改めてじっくり観ると、いろんな偉人やパロディがちりばめられてて超笑える。

子供の頃は全然わからなかったユーモア。

フルメタルジャケット」のパロディは声出して笑いました。超褒められてる!

偉人に会いすぎだなと思ったけどフォレストが偉人だからですね、納得

 

そして見終わって大号泣

大切な人と一緒に観るべき映画はLA LA LANDではなく、フォレスト・ガンプです!

 

一期一会という邦題

「一期一会」を座右の銘にしている人に対してはどうも警戒してしまいますが、この邦題はぴったり。バス停で話を聞いてもらう人たちも、ダン小隊長も、一生のマドンナであるジェニーも、一期一会。そして死も生の一部である(そこはまだ私にはよくわかりません)

 

2016年個人的ベスト映画だった「pk」と何か似てるなーと思いながら観てたんですが、アーミルカーンはフォレスト・ガンプを演技モデルにしてるんじゃないかと思い至りました。見開いた目、まっすぐに走る男

 

ジェニーの青い鳥

彼女にとって「安らぎ」は「非日常」

彼女は父親から暴力(おそらく性的なものも)受けていて、家に安らぎがないのか普通の感覚。「ここではないどこかに行きたい」と思う人。幼馴染のフォレストは彼女にとっては忌まわしい生活の一部になってしまっていて、真摯に自分を愛してくれていても共に暮らすことができない。暴力を振るう男と一緒になってしまう。

自意識も「私なんか」が標準だから、「お前なんか」と言わないフォレストを受け入れることができない。そこから脱却できたのかな、彼女は。死を目前にして安らぎを得られたのはよかった。

彼女の墓前でフォレストが「君の家はブルドーザーで潰した」と報告した時「いい男に看取られてよかったな!!」と泣きましたよ。

青い鳥はそばにいるんですね。