読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きた みた よんだ

みたりよんだりしたものを記録するブログ

【映画】シェルブールの雨傘

「あなたの雨傘はわたしよ」

一卵性の母と娘、恋人ではなく母親を選んだ娘のお話。

 

どうもこのお母さん、問題から目を背けがち。

お金がなくて自分の店が潰れそうだという時に「髪型を変えれば…」とか言って美容院に行こうとするのなんかもう、見てられない。
(しかしその後の髪型も変わってないママである)


娘の恋人との年齢を理由に反対してるけど、娘の結婚相手が気に入らないだけ。
娘が金持ちな紳士に見初められたらさっさと結婚させるし。

本当はその相手と自分が結婚したかったのを、娘を使って叶えてるのが嫌な感じです。
ジュヌヴィエーヌを見初めた宝石商、妊娠しててもあっさり結婚するって言うあたりほんとすごいね…

 

「この夢はあなたとじゃないと叶えられないものではない」

けどそんな母親も娘も悪いとは思えないんですよ。女性が抱いていい夢なんてほとんどなかった時代だろうから。

恋人のギイの夢は「ガソリンスタンドを持つ」なのにヒロインであるのジュヌヴィエーブの夢は「子供の名前はフランソワーズ」

この「母になることが女の喜び」みたいなのがね!真綿で首を絞められるような気分。

あとその夢、別に相手が誰でも叶えられますよね…

 

選べる夢と別れ方の違い 

ここからは「LA LA LAND」との比較になります。なぜなら「LA LA LAND」の元ネタが「シェルブールの雨傘」であると聞いたからです。(若干ネタバレします)

 

両作とも「好きだけど別れなければいけなかった二人」がテーマだけど、根本的に違うのが「別れの理由を受け入れられたか否か」

シェルブールの雨傘では兵役(政治)と家庭の台所事情という、自分ではコントロールできない事情が別離の原因だから、彼らは納得できていない。

LA LA LANDは互いの夢と野望を叶えるためという、自分たちで選んだ別離だから、彼らは納得している。(しかも夢を叶えている!)

このアップデートのされ方は本当に好きです。今の自分の生活を肯定できてれば幸せ。そして肯定のためには納得は不可欠。

 

LA LA LANDがミュージカルじゃない!と批判されてたのはシェルブールの雨傘がイメージソースだという話が広まったせいかも。

なにせシェルブールの雨傘は全編歌いっぱなし!(踊らないのでミュージカルではなくオペラだという話もありますが)

 

シェルブールの雨傘」は色使いが本当に綺麗で勉強になるので、たまに見返したいですね。

原色と原色の組み合わせなのに喧嘩してなくて、上品。けど家の果物は超不味そうに見える。なぜだ。

ファッションも可愛くて真似したくなりますね。ジュヌヴィエーヌが着てたコートはバーバリーでした。

f:id:ms_ms_ma:20170416154748j:image

 

 

シェルブールの雨傘 デジタルリマスター版(2枚組) [DVD]

シェルブールの雨傘 デジタルリマスター版(2枚組) [DVD]